徒然なるままに

筑紫の読書

筑紫の読書

最近、本を読まなくなった。

学生時代が来るピークなのかなぁ。

それから、徐々に読まなくなり今に至る。

読んだ本の感想を書いてみる。

なんか気づきがあるかもしれない。

ロスジェネの逆襲

池井戸さんの本です。

読んだことある方も多いはず。

経済をベースにした本は小難しいかと思いましたが、そうではない。

しっかりとした物語になってて、面白い作品です。

組織の中で自分がどう生きるか、与えられた今の環境で組織とどう向き合うかを考えさせられるストーリーです。

物語とはわかってるけど、ここまでスカッとやってくれると気持ちいいですね。

倍返しです!